7/25

仙台の様々な音楽シーンにおける

歴史的瞬間だったのかもと

終わった今、ゾクゾクしています。

(おかげで、身体はぐったりなのに

頭は冴えて寝てるのか、ステージにいるのかという変な就寝。。( ´Д`)

コロナ。

にっくきコロナではあるものの

2020年という年を境に

まるで変わってしまった距離感。

アメリカにいた英里ちゃんが帰り

仙台をオマージュしたような曲を描き、

ライブは生だ、と思っていた概念が

覆され配信するための

スタッフが集まり

ジャンル問わず

頼まれた仕事をやりますという

だけでない+アルファを持つ人が集い

共に表現する。

こんな時代なんだ。

半野外のステージ。

換気、なんて当然関係ない空間だからできる

ソーシャルディスタンス。

新たな試みに

地元TV局がこぞって取材にきて

今の時代を切り取ろうと

している。

チケット購入で8/8まで見れるURLをゲットできるらしいですが、その購入は明日までだそうで!?

https://jazz-guild.com

こんな幻想的な雰囲気でした。

スタッフもみーんな集まれー!

とにかく

早く日常に戻りますように。

ちなみに、7月31日KHBでは

秩父英里さんのドキュメンタリーがTVがあります。こちらも是非!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)