楽器続けててよかったって
思える出来事がありました。
ーーーーーーーーーー
かつて私は
神奈川の音楽大学で学んでおり
たしか大学院に進んでいるか
学校を出たばかりのころだろう。
まだまだ駆け出しで、生意気で
熱意だけの私を
吹奏楽部のサックスパートの講師として招いてくれた学校が
何校かありました。

その時の1校の顧問の先生が2年ほど前
吉祥寺のライブハウスに私が出演することを知り
ふらっと見に来てくださいました。

神奈川時代は
私はクラシック奏者だったし
今はもうジャズプレイヤーだし、正直
単なる、パートの講師なんて
忘れられることが多い中で
覚えていてくださったこと、わざわざ内緒で見に来てくださったことに感激した。
その時共演した小美濃くんに学校公演を依頼してくださったり
私は関わることがなくても
繋がったことの喜びに心が温かくなった。
神奈川に居た時代(名雪・第1次暗黒時代)
つらかったこともあったけど
いまだにつながっている生徒がたくさんいる。
プロフェッショナルになった子もいるし
アマチュアでも好きで吹いている子もいて
ああ~~やっててよかったって
人の人生に関われてるって
こんなにも喜びなんだなって思った。

私にとって生徒は
どの子もいとおしくて、大好きで
サックスの先生だったけど
あまり先生ではなくて
一緒に泣いたり笑ったり
遊んでもらっていたり、一緒に悩んだり
そんな記憶がある。

上手になっていく様子がもう、うれしくてうれしくて
たまらなかった。
そんなきっかけをくれた
顧問の先生が
旅する音楽トリオが
東京近郊で演奏する機会を(私が関東にくる)
狙っていたらしく
小美濃君経由で
学校公演をお願いされました。
20年もの時間を経て
音楽を続けていたから
こうやってまた、演奏をお願いされて
(しかもガチでやってくれという依頼)
こんなにうれしいことはありません。

私という人間が
生きてきて
活かされていて
人と人っていうのは
こうやってつながっていくんだなあ~~って
涙がでるほどうれしかった。

4月7日
旅する音楽トリオの「絵のない絵本」発売します。
https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B5%E3%81%AE…/dp/B08VSSWYHJ


その記念リサイタルを
4月17日 19時半~
神奈川県・東林間にあるピアノサロンMUさんで行います。
ここもまた、私が一緒にサックスアンサンブルをやっていた
仲間の調律師さんが開いているサロンです。
https://www.pianosalonmu.com/


25席限定。
17日のライブの前に
その顧問の先生の学校で演奏してきます。
先生のポケマネで招いてくださるって
その気持ちにまた泣けた。

みなさま
会いに来てくださいな。
そして
出会えたこと、音楽がつながっていく事の喜びを
分かち合いたいです。
https://youtu.be/AhvP5g7rqFc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)