「名雪さん、ライブここでやりませんか?」

村上 辰大さんの

一本の電話から始まった今回のライブ企画。

10年

という力もあるのでしょうが

ひとつ、カタチに残したい

物語ができた気がします。

たくさんの方に見て頂きました。

ほんとうに

この1日を、この10年を

私達なりに、伝えられて

ほんとによかった。

私自身、

充実感と仲間との一帯感とか

何より愛に包まれたような

そんな、ホワホワした高揚感があります。

いつものメンバー

Ryota Ogaki

三ケ田 伸也

イマムラ ヨータロウ

大人な、素晴らしい

これから更に円熟味を増していくだろう

一歩をみた気がします。

岡本 優子さんのオリジナルチューンの力

シンプルな中に想いが詰まっていて

アンコールを彼女のsweet homeにしたの、

大正解でした。

Okuguchi Fumiyuさんの

MCの舵取りのまあ、素晴らしいったら。

こちらもプロの技!

まだアーカイブ2週間チケット

購入できるそうですから

見逃した方々には

10年の思いとともに見ていただけたら嬉しいです。

https://pablo20210311.peatix.com/view

宮城にくらして

宮城を愛して

私の10年はなかなかだった。

楽しいばかりじゃないけど

楽しい、を集めていきたい。

そうしたら

きっとこの先10年も愛に溢れているだろうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)